L1000593_S.jpeg
オーガニックの集まるところ。
The Place Where Everything Organic Glows.
12 2.jpg
アボマイア.jpg
L1000742_s 2.jpg
マイヤーレモン.jpg
L1000595.jpeg
アリーザ.jpg
L1000760.jpeg
 

​一般社団法人 ジャパン オーガニック パーティー は、自然の中から有益なエッセンスを見出し、化粧品や食品等の原料として価値あるものに仕上げ市場に流通させることによって、地域の活性化と循環型社会の実現に貢献することを目的としています。

L1000672.jpeg

​ジャパン オーガニック パーティーが生まれた背景

オーガニックへの志向は年々高まりを見せています。

サステナブルな社会、心地よく健康な暮らしの実現を考えると、それはすばらしい傾向と言えるでしょう。

その一方で、ニーズが飛躍的に伸びたことによりオーガニックの素材が不足しはじめているという現実もあります。

もっと丁寧に自然の中からオーガニックの素材をとりだし、無駄のないように使っていくことが求められているのです。

 

オーガニックのすばらしさを理解し、この自然からの恵みを上手に生かしていきたい。そんな思いを持ったオーガニック作物の生産者や商品の開発者の方たちをオーガニックのプロである私たちがつないでいく。

こうした活動が、地球とそこに暮らす人々のためになっていくはずだ。

 

そんな信念から、私たちは立ち上がりました。

L1000648.JPG

​オーガニックのすばらしさを、もっと、もっと。

オーガニックは「有機」と訳され、農薬や化学肥料に一切頼らずに、自然の持つ力と恵みだけで育てられた農作物を指します。もちろん、私たちのからだにも安全です。ですが、オーガニックのすばらしさはそれだけではないのです。

 

汚染のない土壌、水、そして太陽の光のもとで営まれる微生物から植物、そして私たちを含む、この地球を循環する大きな生命の連鎖を豊かにするためにも、オーガニックを選ぶ理由はあるのです。

 

自分にも、地球にもやさしい、そして未来にもやさしい。

そんなオーガニックの価値を広げていきたいと考えています。

 
L1000690_S.jpeg
L1000742_s 2.jpg

日本のオーガニックの危機を踏まえ、
​未来を切り開くために。

多くの森林や農地を有し、自然に恵まれた日本ですが

実はオーガニックに関しては原料の多くを輸入に頼らなくてはならない「オーガニック後進国」と言わざるを得ないのが現状です。

 

そしてまた、既存のさまざまな仕組みや環境から、オーガニック農家として栽培を続けていくのは、とても大変なことなのです。

こうした環境を変えていくため、私たちが心がけていることは3つ。

1 「自然」の力を決して無駄にしないこと。

2 人にとって有益なオーガニックであること。

3 地域が活性化され、「自然」に関わってきた人々が潤うこと。

L1000684_S.jpeg